« 2月度親子リトミック終了♪ | トップページ | 青春のJBL 4301B »

2010年2月27日 (土)

ipodはハイファイオーディオになるのか?

ずっと疑問な事が、最近のメモリーオーディオは昔からのハイエンド

オーディオのソースとして使えるのかな?

学生時代、レコードからCDへの変化はジャケット買いの楽しみも

なくなり、CD発売当時はすごく抵抗がありました。

でも今はCDであたりまえの時代・・。

そして携帯メモリーオーディオも主流でオジンも流されipod、使ってます。

便利ですが、ヘッドフォンに騙されて聴いてるような・・・。

それでヘッドフォン端子から直接アンプのラインに繋ぐとインピーダンスのマッチング

か、独特のイコライジングか凄く間抜けな音になり、がっかりします。

DOCK端子から取り出した信号で結構言い音するのが判りましたので、

アンプ個人製作家のお家にお邪魔して、試聴をさせて頂きました。

Lis01

大きなスピーカーのシステムで鳴らすと荒がでるかな?と

Lis02

ラインバッファアンプを間にいれて頂き真空管のアンプで試して

みると、「すげー!」

とっても良い音するじゃございませんか!

もう、オーディオの楽しみも無くなって行くのかな?

などと、さみしく思っていましたが、その時、その時の

楽しみ方のスタイルはアイデア次第でまだまだありそうで

こりゃ、楽しみになりました。

いくら、デジタルになっても人間自身は究極のアナログですから、

その間をつなぐインターフェースはやっぱり品質の高いアナログ

の再現が必要でなにも変わっていない事に安心。

Lis03

今回試聴させて頂きました、真空管セパレートアンプ。

かっちょええです。

こんなの置けるおしゃれなリビングがほすぅ~い!

Lis2a3

こんなんとか2A3。

Liskt88

KT88とか・・・。

オーディオ熱が復活しそう!

|

« 2月度親子リトミック終了♪ | トップページ | 青春のJBL 4301B »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月度親子リトミック終了♪ | トップページ | 青春のJBL 4301B »