« GIBSON DOVE 修理 | トップページ | ギター修理 »

2010年6月24日 (木)

まい、ぎたー修理してますねん。

中古でもう、かれこれ5年・・・

Ld01

入って来た時からミディアム弦が張られ、思いっきり

細いネックが弓のように引っ張られ、

ねじれて、フレット減って・・・

なんとか弾けるようにして、使ってきました。

ボディーはお客さんにこかされたり、ぶっつけられたり、

夕立のなか使ってみたり・・・・・。

もうぼろぼろ・・。

でも弾き易い。

今回、フレットが減っちゃったので、フレット交換ついでに、

ネックを根本から真っ直ぐしようと思い、このギターでどれだけアイロンが効くか

試してみました。

接着がニカワでは無いので、なかなか思う様に矯正できません。

ええかげんな妥協点で今回もフレット打つことにしました。

Ld02

フレット抜いた指板をヤスリを貼った角材で摺って真っ直ぐを出します。

Ld03

このギターにはバインディングがありますのでそのまま

フレットが打てないので、

タングニッパでフレット淵のアンカー部分をカットします。

Ld04

Ld05

あっ、疲れた・・・・

途中ですけど、

じゃ!

|

« GIBSON DOVE 修理 | トップページ | ギター修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GIBSON DOVE 修理 | トップページ | ギター修理 »