« again-again | トップページ | トラベルギターYM-16 »

2013年1月21日 (月)

Linda Ronstadt - Poor Poor Pitiful Me

今日は定休でした。

せめて子供が小さいうちは日曜は休みという勝手な僕の非常識ですが、

といっても普段はなにか仕事してたりしますが昨日からの偏頭痛で

一日寝てました。

なにも無いので、曲でも?

Linda Ronstadt - Poor Poor Pitiful Me

まるで僕のようなタイトル。。。。



でも内容はなかなか強烈、、

訳詩はネットでぱくりました。

「鉄道の線路に頭を寝かせて
EE列車を待っている
だけどEEはもうここを走っていない
可哀相なぐらいついてない私

可哀相な私
とことんついていない
男たちは私を放っておいてくれない
ああ、もう勘弁して
悲しくて泣けてきちゃう

ハリウッドで出逢った男は
誰とは言わないけれど
彼は本当に酷い目にあわせてくれた
まるでジェシー・ジェイムズ
そう、本当にいいように振り回してくれたわ
道楽が男の甲斐性ってことね
彼は私を悲惨な目にあわせた
ミキサーにかけられらみたいにね

横浜のヴー・カレーで
出逢った男の子
私をナンパして押し倒しておきながら
「お願いだから痛くしないで」だって

惨めで惨めで惨めな私
ほんとについてない私」





自殺をもくろみ死にきれない、やるせない、

それでも自分に悲観しながらも

日々生きてる感じでしょうか?

この曲調から、かってに察して、後に落ち込んだけど

なんか適当にぼちぼち幸せであの時、電車に轢かれて

死なんで良かった、なんて結末だったらええな。

とか思います。

|

« again-again | トップページ | トラベルギターYM-16 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« again-again | トップページ | トラベルギターYM-16 »