« タカミネ PT108修理 | トップページ | ヤマハ FG-110 修理 »

2013年10月 4日 (金)

クルマのハンドル取られたら?

いきなりクルマネタですが、

やたら轍にハンドルとられたり、ブレーキであっちこっち行き出したら、

テンションロッドのブッシュを変えてみるのも良いかもしれません。

Kzh

車体メンバーとロアーアームのつっかえ棒的、棒?

メンバー接合部にゴムのブッシュが入っています。

Kzh_bush_01

このブッシュが前後方向のたわみを吸収していますが、劣化すると

潰れて、ブレーキ踏んだときとかにトーが狂います。

ブレーキローターも14万Kmで研磨しましたが、また歪みが出て、

ハンドル、ブレーキペダルがブルブル振れるので

自動車屋さんで交換してもらいました。

ローターの研磨は1回だけ、みたいです。

安いバルク品もあるみたいですが、怖いので純正にしました。

車重が2t近くで前軸重が1.2tもあるので、

前輪2本だけで、カローラ1台分なので、ブレーキの負担もかなりあるのでしょう。

Disc

ステアリングのラックまわりにも、遊びが出来て完全シャキまでは

いきませんが、ブレーキもスムーズに効き

フラつきで、運転して疲れる事はなくなりました。

あたり前の事ですが、

いくら古くても快適に運転できた方がいいですもんね。

走行距離がかさみ、どうもふらついて気になる方は試してみられたら?

|

« タカミネ PT108修理 | トップページ | ヤマハ FG-110 修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タカミネ PT108修理 | トップページ | ヤマハ FG-110 修理 »