« ぼろぼろな駝鳥 | トップページ | 柴漬け かなわない »

2020年7月20日 (月)

マーチン D-35修理その②

ブリッジをはがして
7_20200720153701

TOP裏のブレーシング外れも接着

5_20200720153701

サウンドホール裏から見てますが、この35はブリッジプレートが

ローズでした。

4_20200720154401 

接着面がぴったりあうように何回も面の調整をします。
3_20200720154501
TOPが変形しているのでなかなか接合面を出すのは難しいです。

6_20200720154601

どりゃ~っといかないといつまでも決まりません。

弦の張力にさらされるのでしっかりつけないと持ちません。

作業はネックの腰折れ修正へと移ります。

ブリッジが付けば少しほっとします。




今朝は屋根の修理の仕上げで垂直壁面の処理も塗装も

してもらいました。

吹き降りしても入るところが無いように全部作業していただきました。

これで安心して住めます。

Photo_20200720154701

屋根の軒から下は自分で塗れと言うことですね・・・・

お金があれば全部お任せしたいですがまた

体調整えてぼちぼち塗ります。

去年もどこにも行かないのに健康的に塗装焼けしてたので

今年も、日焼けだけ海の男を目指して作業します。

梅雨明けまだですがセミの声は確実に夏ですね。

しくしくしますが何もない毎日に感謝しながら

過ごす事になれないと。

|

« ぼろぼろな駝鳥 | トップページ | 柴漬け かなわない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぼろぼろな駝鳥 | トップページ | 柴漬け かなわない »