2018年10月19日 (金)

Syairi YF ナット、サドル作成

Syairi_9_2


廉価版のフォークサイズですが、お客さんが気に入ってうちで買ってから

相当手間つぎ込んでいます。

すでにTOPのウレタン塗装ははがして柿シブ塗っています。

オールマホ、TOP単板のスペックでもどんな音かな???

と期待が湧いてきます。

Sヤイリのギターは安いですが作りが良いので調整さえすれば価格以上の満足度

があると思います。

今回はナット、サドルを牛骨で作り直しました。

おとの輪郭がすっきりしてレンスポンスの良いテキパキした音がします。

Syairi_8


Syairi_7


Syairi_10


どこまでアップデートは続くのか?

| | コメント (0)

2018年10月18日 (木)

ヤマハ セミアコ 修理

古いヤマハのセミアコの整備を頂きました。

4


今のギターでは無いことが風貌ですぐわかる個性。

2


各部整備セットアップしました。

1


どうも昭和49年製造の様、

親近感湧きます。

3


5


作り込みに当時の意気込み感じます。

大事になさってくださいね。

| | コメント (0)

2018年9月12日 (水)

アンバランスOUTからバランスOUTへ改造

当店機材のワイヤレスマイクセット、

スピーチ用に2CHのものがあるのですが

出力が600オームのアンバランスで使い道がどうも・・・

Img_2806


調べてみるとメーカーからバランス用の変換トランスがあるではありませんか!

Img_2808


基板には取り付けスペースも確保されており僕の好きなポン着け状態。

Img_2807


ぽんして、

Img_2809


XLR対応になりフォンOUTはTRSタイプなのでXLR変換ケーブルを通してミキサーにつなぐと

SNも良く音量も確実に上がりました。

元からついてれば良いのに・・・sweat02

| | コメント (0)

2018年9月11日 (火)

モーリス J-130 ジャンボ修理

ギブソンタイプの古いモーリスのエレアコです。

弦高が高くて音がビビッて弾きにくいとの事で修理お受け致しました。

画像撮るのわすれました。

Img_2799


各部調整とフレットの擦り合わせでとても弾きやすくなりました。

Img_2805


修理が終わればもう行ってしまうのね?

買い取りもしてます!

どうぞ宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

2018年9月 7日 (金)

日本のアコギの基を築いたDynamic Guitar

修理でお預かりしました。

久しぶりのダイナミックギターです。

Img_2802


おじいさんから譲り受けられたギター女子が弾きます。

Img_2804


しっかり弾きやすく調整しますchickが。。。。

昔のギター、ネックはクラシックの太さなのでなかなか気合が要ります。

Img_2803


でもこのルックスに魅力を感じられたならそれも味のうち?

Waka


ぼかぁ~幸せだなぁ~

| | コメント (0)

2018年9月 4日 (火)

アンプセレクター製作

お客様のご要望でコンボアンプ内蔵のセレッションスピーカーを

他のアンプでも切り替えて鳴らせるようにとのご依頼でした。

15インチユニット内蔵チューブアンプにVOXのハイブリットアンプユニット

を追加します。

Img_2812


右上にちょこんと載っているのがVOX NUTUBE 

これでもハイブリッドで入力チューブにデジタル増幅で50Wを誇ります!

凄い!

切り替え部分はキャビネット右横に加工して設置しました。

Img_2810


赤いレバーSWでアンプの切り替えを行います。

Img_2811


アンプのキャラクターをいろいろ楽しめて楽しいようですshine

| | コメント (0)

2018年6月27日 (水)

フレットすり合わせ作業でした。

Gibson J-45

島村 James

中古購入したらフレットが減りすぎて溝が出来て気になるので擦り合わせとか

2

ネックが少々捻じれてフレットによってはビビリが気になる

3

ギターはそれぞれ演奏される方の好みの音楽でセッティングがぜんぜん違うので

話を聞いたりもっと音楽聞いたりして使ってる人の要望が想像できるよう勉強せんとあかんなあと思いました。

夏バテで弱るまえから弱ってますが

方向決めたら無心で削り磨く作業なのでいらんんこと考えなくて好きな作業です。

                                                           ひで
1


4


| | コメント (0)

2016年7月12日 (火)

クリップチューナー治してみたよ

お母さんが掃除機で吸い込んじゃったみたいで、

Awg_2

バラバラ&部品が割れて欠品になりました。

接着剤なんかでつけても直ぐ割れるので、今、流行りのナウイsweat01

プラリペアを使い、取りあえずクリップ関節部分の割れている部品を

着けて、欠けてしまっているロールピンの軸受け部分は再生します。

Awg_3

ババモリにしてchick

ヤスリで成形。

Awg_5

うまく嵌合するように各部を微調整して

Awg_6

組み立てます。

Awg_7

今回は白いプラリペアのパウダーを使いました。

ピンクなのでどうしても目立ちますね・・・

機能回復修理という事で勘弁して下さい!

Awg_1

見た目はアレですが・・・

自動車バンパーの修理なんかにも使うので強度はなかなかです。

| | コメント (0)

2016年5月20日 (金)

キーボード修理

キーボードを朝から2台修理しています。

一台は電源入ったり入らなかったり。

電源部分にカチッとリレー音が鳴るので電源ON時にアンプのボンッ!
がならない様に遅延回路かなんかついてるのかな?など思いながら
分解
Gem_1


メモリーのバッテリーが液漏れでしょうか?

電圧は4.0V。

積層になっていますがみたところ3枚パック?
1.55Vとして4.65V???
謎ですが、電圧出ていますので、
液漏れ周辺を探査すると、
はっ!typhoon
すぐ横の抵抗が3本とも朽ちているじゃ~あ~りませんか!
Gem_8

手持ちの近しい部品を交換して、

4.0Vがどうか怪しいですが、

Gem_2

動くので動作範囲内という事でsweat01

社会復帰なさいましたspa

僕も頑張らんと・・・

もう一台は演奏中勝手に音源切り替わる。

Px310_10

とにかくネジの量が凄いんで大変です。

Px310_7


目的の基板に到達。

Px310_9


面実装SW604の付け根が怪しい・・・

Px310_8

100均で購入の老眼鏡を駆使して

ハンダづけ。

Px310_2


動いたshine

| | コメント (0)

2016年5月 3日 (火)

アリアシンソニードベース 点検

お客様からサイレントベースの電池の持ちが悪イので見てほしいと

との依頼です。

電源は9V電池です。

音出ししましたが特に異常無く、

電源直列に電流計を入れ電流を測りました。

アンプ接続時、

Photo


27mA程度、

意外に

ヘッドフォン接続の待機状態が

1

10mAと、

なに食ってんじゃねーよ!レベルですが、

荒井貿易さんに聞いてみると正常範囲内との事で

アルカリ9Vの電池の容量からすると連続1日持たないぐらい

だと思います。

電気はこまめに切りましょうmist

| | コメント (2)

より以前の記事一覧