2020年3月30日 (月)

ギブソン J-45 修理

 お客様お預かりの1990年代のJ-45

長期放置のブリッジ浮きとネック腰折れです。

TOPのブレーシングも怪しいです。
Img_5502_20200326225601
弦を張りっぱなしで長期保存していたのでブリッジ浮いてます。

ブリッジは完全にはがれずサウンドホール側は結構な

強度で頑張っているのでTOP板が接着面で変形してうねりが出ています。

Img_5521 
  
Img_5522

断熱をして
Img_5775
お気に入りMYアイロンで外していきます。
昭和のナショナル製で小さく色もとっても可愛いです。

Img_5524 
どちらの接着面もひずんでいるのでこのままでは

貼り付けてもきちんと着きませんので削って面を

揃えていきます。

削りすぎると泣きますので、慎重に時間かけてやります。

そうしつつ、

ネックの腰折れを修正。

Img_5625_20200326230801
これも何回かにわけてちょっとずつ・・・
Img_5654

あんまり時間かかるのでお客さまから「いつごろ?」

と連絡ありました。

すみません、このところ通院したりでなかなか進まず。

Img_5642

TOPはあまり削ると強度的にまずいのでサドル合わせ面をアーチに削り

押さえた時に隙間が無くなるように加減して削ります。

TOP変形でブレーシングのはずれが無いかも調べます。

貼り付けて失敗は恐ろしいので何回も貼り合わせのシュミレーションをして

接着。

Img_5774

確り翌日まで固定します。

もうすでにここまでで1か月以上かかってしまいました・・・😢

Img_5834
なんとか上手く接着出来ました。

弦を張り全体の調整に移ります。
Img_5835

弦枕にあたるナットの調整

 Img_5836

弦枕後ろにあたるサドルの調整 

そしてネック調整してフレットの擦り合わせで直線性を高め

弦高を下げます。

入庫時12フレット6弦、1弦とも5mmほどありました
J451

この高さでは弾けたもんじゃありません。

非力な僕の場合・・・・

最終仕上げの弦を張り、弦高12フレット

6弦2.1mm、1弦1.9mmとしました。

ダダリオ XT 12-53弦
Img_5837

結構な低さです。

格段に弾きやすいです。

お待たせしてすみませんでした。
Img_5838 
Img_5844
是非ご活用下さいませ。

| | コメント (0)

2020年3月24日 (火)

ギターのブリッジ浮いてませんか

アコギは木で出来た梁構造で鉄弦の引っ張りを支えています。

すごく頑張ってますが、不具合もでます。

引っ張りに堪えられなくTOPが変形したりして弦を固定している部分

ブリッジが外れてくることがよくあります。

Img_5502

こんな感じで紙が隙間にはいると外れています。

Img_5641 
高温多湿、直射日光は良くありません。

| | コメント (0)

2019年7月 3日 (水)

アコーステックベース プリアンプコントロール修理

お客様のアコベですが、経年劣化でプリのパネルが割れてばらばらに
なったらしく、プリアンプが脱落しています。
Img_4396

別のものをとも思いましたがプリのフェイズSWのキャンセル

で動作していたので簡単にパネルを作りました。
Img_4398 

加工が荒いので近くで見なかったら いけるかな?

Img_4399 

ひとまず完成


| | コメント (0)

2018年10月19日 (金)

Syairi YF ナット、サドル作成

Syairi_9_2


廉価版のフォークサイズですが、お客さんが気に入ってうちで買ってから

相当手間つぎ込んでいます。

すでにTOPのウレタン塗装ははがして柿シブ塗っています。

オールマホ、TOP単板のスペックでもどんな音かな???

と期待が湧いてきます。

Sヤイリのギターは安いですが作りが良いので調整さえすれば価格以上の満足度

があると思います。

今回はナット、サドルを牛骨で作り直しました。

おとの輪郭がすっきりしてレンスポンスの良いテキパキした音がします。

Syairi_8


Syairi_7


Syairi_10


どこまでアップデートは続くのか?

| | コメント (0)

2018年10月18日 (木)

ヤマハ セミアコ 修理

古いヤマハのセミアコの整備を頂きました。

4


今のギターでは無いことが風貌ですぐわかる個性。

2


各部整備セットアップしました。

1


どうも昭和49年製造の様、

親近感湧きます。

3


5


作り込みに当時の意気込み感じます。

大事になさってくださいね。

| | コメント (0)

2018年9月12日 (水)

アンバランスOUTからバランスOUTへ改造

当店機材のワイヤレスマイクセット、

スピーチ用に2CHのものがあるのですが

出力が600オームのアンバランスで使い道がどうも・・・

Img_2806


調べてみるとメーカーからバランス用の変換トランスがあるではありませんか!

Img_2808


基板には取り付けスペースも確保されており僕の好きなポン着け状態。

Img_2807


ぽんして、

Img_2809


XLR対応になりフォンOUTはTRSタイプなのでXLR変換ケーブルを通してミキサーにつなぐと

SNも良く音量も確実に上がりました。

元からついてれば良いのに・・・

| | コメント (0)

2018年9月11日 (火)

モーリス J-130 ジャンボ修理

ギブソンタイプの古いモーリスのエレアコです。

弦高が高くて音がビビッて弾きにくいとの事で修理お受け致しました。

画像撮るのわすれました。

Img_2799


各部調整とフレットの擦り合わせでとても弾きやすくなりました。

Img_2805


修理が終わればもう行ってしまうのね?

買い取りもしてます!

どうぞ宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

2018年9月 7日 (金)

日本のアコギの基を築いたDynamic Guitar

修理でお預かりしました。

久しぶりのダイナミックギターです。

Img_2802


おじいさんから譲り受けられたギター女子が弾きます。

Img_2804


しっかり弾きやすく調整しますが。。。。

昔のギター、ネックはクラシックの太さなのでなかなか気合が要ります。

Img_2803


でもこのルックスに魅力を感じられたならそれも味のうち?

Waka


ぼかぁ~幸せだなぁ~

| | コメント (0)

2018年9月 4日 (火)

アンプセレクター製作

お客様のご要望でコンボアンプ内蔵のセレッションスピーカーを

他のアンプでも切り替えて鳴らせるようにとのご依頼でした。

15インチユニット内蔵チューブアンプにVOXのハイブリットアンプユニット

を追加します。

Img_2812


右上にちょこんと載っているのがVOX NUTUBE 

これでもハイブリッドで入力チューブにデジタル増幅で50Wを誇ります!

凄い!

切り替え部分はキャビネット右横に加工して設置しました。

Img_2810


赤いレバーSWでアンプの切り替えを行います。

Img_2811


アンプのキャラクターをいろいろ楽しめて楽しいようです

| | コメント (0)

2018年6月27日 (水)

フレットすり合わせ作業でした。

Gibson J-45

島村 James

中古購入したらフレットが減りすぎて溝が出来て気になるので擦り合わせとか

2

ネックが少々捻じれてフレットによってはビビリが気になる

3

ギターはそれぞれ演奏される方の好みの音楽でセッティングがぜんぜん違うので

話を聞いたりもっと音楽聞いたりして使ってる人の要望が想像できるよう勉強せんとあかんなあと思いました。

夏バテで弱るまえから弱ってますが

方向決めたら無心で削り磨く作業なのでいらんんこと考えなくて好きな作業です。

                                                           ひで
1


4


| | コメント (0)

より以前の記事一覧