2021年4月30日 (金)

フロイドローズタイプトレモロ調整

フロイドトレモロのギターはなにかとめんどくさいです。
Pe-1

ネットが購入されたアリアのPE、ネック、フロイドの 調子が

悪く、弾きにくいです。

フレット擦り合わせ、フロイド各部調整で弦高

12フレット6弦1.5mm、1弦1.1mmに下がりました。
Pe-2
ネットで購入して困っている楽器ございましたら

お声がけ下さい。

| | コメント (0)

2021年3月 9日 (火)

去年直したピアノ椅子が来ました。

去年、座面の完全入れ替えした丸イスが

お孫さんが遊んでるうちに回らなくなったと

お持ちになりました。

ピアノ椅子修理、以前の記事はこちら

Img_3292
グリスアップで解決しました。

| | コメント (0)

2021年1月23日 (土)

アコギのプラスチックパーツの修復

眠い!眠たいのだ。

ギターのネックのヒール部には樹脂のヒールキャップ

というカバーがついていますが、このキャップが取れて

紛失しているギターは初めてみました💦

ちょうど色合いの近いエレキのバックキャビネットカバー

を切り出し、三角を作り
00028-2
大まかな形状を合わせ接着
00028-3
削りだしてヒールの形に合わせていきます。

00028-1

横から見るとわかりますが、この樹脂板は黒のサンドイッチ

された3ピースなんです。

ギターの部品って高いなあとか思いますが加工の手間をみると

なるほどなあと思う事も多いです。

音には関係ないですねどね( ´艸`)

| | コメント (0)

2021年1月15日 (金)

フェンダーSTM修理

フェンダーのSTM

めずらしいミディアムスケールのストラトです。

アームのネジ部が折れてトレモロブロックから

取れないので在庫していた中古のシンクロナイズドトレモロ

ユニットに交換しました。

Stm-3_20210106090801

各社微妙に規格が違うので合ってよかったです。
Stm-4_20210106090901

ボリュームポットの位置が微妙にアームと当たるので

角度変えました。
Stm-6_20210106091001
フレットも綺麗になりました。
Stm-2_20210106091201

ギターは不思議と新たな規格が出てもスタンダードな

ものに戻っていきます。

| | コメント (0)

2021年1月 9日 (土)

TOKAI クラシックギター修理

若いお方ですが、譲って頂いたふるいガットギター

を持ち込まれました。
Photo_20210109141601
弾き易いように修正していきます。

ネックの状態とフレットの凸凹修正します。
2_20210109141601

サウンドホールから見えるラベルの表記が漢字で

書体が味わいあります。

東海楽器の「東海」という名前のギターという事でしょうか?

北島三郎が作ったら「北島」ってこと?

カッコええなぁ。

いらん事ばかり考えて作業が進みません💦

| | コメント (0)

2021年1月 6日 (水)

ネットで購入のギターもどうぞ

〇〇カリで購入されてネックの腰折れで弾きにくい

ギター修理がきました。

Photo_20201123104001

ネットはどっかおかしいと思って買うと腹立たないです。

| | コメント (0)

2021年1月 5日 (火)

テイラー アコギ調整

アメリカ製のギター、テイラー

通販で購入されて弾きにくいとの事で
2_20210104193601

調整となりました。

| | コメント (0)

2020年11月25日 (水)

長唄三味線修理お受けしました。

体調不安でブログ書いたり、なかったり

だめだな〜

ウクレレサークルの方からご紹介で

また再び楽器をとお持ちいただきました。

やっぱり音楽は生活の中にあるのですね。

状態確認後
Img_2107
和楽器専門製造メーカーにて修理頂きます。

管楽器のメンテもご相談下さいませ。

| | コメント (0)

2020年11月16日 (月)

Gibson レスポールネック修理

今日は昼間はとても穏やかな気候ですね。

夏過ぎからずっとお待たせいしていたネック修理が

やっと昨日、納品出来ました。

16_20201116143101
ボッキリ折れています。

倒すとあれ?ぐらい簡単に折れます。
17_20201116143301

仮接着してから補強を入れます。
7_20201116143401
木口がずれないようにしっかり着けて、

あれ?なんか3~1弦側に縦にクラックがあるじゃないですか!

お客さんで修理したのでしょうか?

トリマーと治具を使い

9_20201116143601
補強材を入れるための溝を彫りこみます。

トリマー怖いので嫌い・・・

削りすぎると表に出てきたり、なかの金属ロッドに干渉したり

どうしようもないことになっちゃいますので

頭でなんかいもシュミレーションして妄想します。

なかなか彫り込む覚悟が決まりません・・・・・

10_20201116143401

こんな感じでトラスロッドを挟み両側に入れていきます。

触っているとなんか嫌な予感。

11_20201116144201

割れてる・・・・・

お客さんに聞くとアロンアルファー流したらしい・・・・

もう木に染みこんでるので接着が効きにくい状態になっています。

とりあえず木口を掃除して、タイトボンドを流し込み

横からダボ打ちでいってみます。

6_20201116144501

しっかり圧着

18_20201116144601

そしてダボを5ケ所打ちました。
Img_2036



ネック折れと2重苦に~あら~
21_20201116145101

ネック補強材をしっかりクランプして
22
要らない部分を削り
23

どんどん削り

24


もうちょっと
25
だいぶ形になってきました。
27
お客さんにもあらかじめ了解いただいてるのですが、

塗装技術は持ち合わせていませんのでオマケでさせて頂きます。

下地のシーラーを塗り

15_20201116145601

修理箇所が目立たないように軽く塗装します。
1_20201116145701
やっと完成しました。
5_20201116145701
しばらく弦を張り
4_20201116145701
様子をみてから
3_20201116145701

昨日、納品となりました。

なかなか時間のかかる大変な修理でした。

| | コメント (0)

2020年11月 9日 (月)

クラシックギター ペグ修理

鈴木の古いクラシック
5_20201109160101

ゴトー製のペグをおすすめしました。
1_20201109160201




とても滑らかに動きます。
3_20201109160301
弦交換して
4_20201109160601


ありがとうございました。
2_20201109160501

| | コメント (0)

より以前の記事一覧